ストーリーフォトレッスン

8月レッスン●残席2
日時;8月17日(水)10:00-11:30
場所:オンライン
レッスン料;一般5,000円/卒業生3,000円/4ヶ月サポート中の方は無料
(ご希望の方は、30分無料個別相談付き。レッスン後の疑問・写真以外のことなどでもご利用ください。)

なお、9月レッスンは、9月16日(金)10:00-となっております。

▲お申し込みはこちら▲

こんなお悩みありませんか?

✔️いつも、お菓子やお料理の写真がイマイチ上手に撮れない
✔️ハンドメイドの作品をどんな角度で、どう撮ったら良いのかわからない
✔️どうやって、どこから撮るのが良いのかもわからない
✔️いつもアプリで写真を撮っている
✔️どんな写真も、同じようなかんじになってしまう
✔️とにかく!写真が苦手


ストーリーがある写真を撮ろう

ただ可愛い写真とかオシャレな写真を撮っても
「いい写真だね!」で終わってしまってはもったいないですよね。


いい写真・可愛くてオシャレな写真
・・だけではなくて
自分自身・サービス・商品の「想いやストーリー」が伝わるようになったら
今まで以上に、ファンが増えたり、商品を購入してくれる方が増えたり、サービスに興味を持ってくれる方が増えるはずです。


ストーリーフォトは
インスタグラムのストーリーズ用の写真??
ではありません。

物販の宣材写真を撮る、
お菓子の宣伝で撮る、
という写真レッスンではなく

物よりもその空間や時間を撮る
表現力を高めるためのレッスンです。


スマホ写真のテクニックも大事なのですが
この1時間半のレッスンは、
テクニックは重要にはしていません。

(とはいえ、最初の座学では基礎的なことはお伝えします)


基礎的なところを踏まえて・・・

何を伝えたいのか、というテーマを決めていただきます。
それが伝わるかどうかを大切にしています。



受講された方のビフォーアフター

1時間半のレッスンの中での変化です。

・撮り方のコツやストーリーを盛り込んだ撮影のイメージができた状態で撮ることで、自分でもビフォーアフターに驚くぐらい変化があった。

・魅せ方、置き方、撮る角度、ストーリーなどにより、こんなに変わるんだーと😳
編集もチャレンジしてみたいです✨

・直接指導いただけたおかげで何を考慮して撮影したらいいのかがわかり、写真撮影の苦手感が薄れました。

・正解はないとの言葉に安心しましたので、これからは臆せず撮ってみたい。

・写真の見た目はもちろんのこと、何をこの写真で伝えたいのか?を考えて撮る、ということがわかった。
私はいままで「なんとなく」撮っていたのだなあと思いました。

・単におしゃれな写真ではなく、主役を撮影するコツを掴めました!
また、奥が深い分、学びがいがあるな〜と思いました💕
写真のバリエーションが増えて嬉しいです。


前回参加された方のご感想です▲




レッスンの流れ

10:00-11:30のレッスンとなっています。

10分 自己紹介(皆様にもしていただきます!)
20分 座学(基本のスマホ写真のコツなど)
60分 実践!
あらかじめ、インスタグラムの中でグループを組みますので、
そのグループ内に写真を送信していただきます。
私からフィードバックさせていただきますので、それを元に、修正してもう一度撮り直していただきます。
フィードバック〜修正 を2度ほど繰り返していきます。

「写真苦手ー!」

そういっている人がやっている共通のことって
何だかわかりますか?

1)同じ場所から1、2枚しか撮らない(カフェやレストランだと仕方ないですが。。)
2)その「物」を撮ろうと必死になってしまう
3)オシャレな撮り方 みたいなハウツーを真似して撮ろうとする


などなど。。



1)同じ場所から1、2枚しか撮らない(カフェやレストランだと仕方ないですが。。)

この構図で、こんなふうに撮る!というゴールが頭にある方は1、2枚でも大丈夫かもしれません。
ですが
プロじゃない限り、それは最初は特に難しいと思います。

角度を少しずつ変えてみたり、俯瞰してみたり、背景を変えてみたり、、、
まずは色々撮ってみるのがいいと思います!


2)その「物」を撮ろうと必死になってしまう

夕方になってくると、電気をつけたり
曇りの日は黄身がかったりして
自分が思うような色にならないかもしれません。

ですが、そんな時こそチャンス!

その物を撮ろうと思わずに
時間や空間を撮ってみる。
きっといつもと違う雰囲気の写真が撮れると思いますよ。


3)オシャレな撮り方 みたいなハウツーを真似して撮ろうとする

オシャレと言うのは人それぞれ違うし
その人の魅せ方によって、インスタであげる写真のテイストも変わってくるはずです。


例えば!素敵だけど私のブランディングとは合わないと言う写真はこんな感じの写真とか↓

これは、素材写真です。

・エレガント
・フェミニン
・ガーリー
のようなキーワードは
私には合いません。合わせていくことはできますが
こう言う感じのお写真はちょっと私とは違うのです。
残念ながら・・。

つまりどういうことかと言うと
とっても素敵な写真でも、ブランディング次第では、その「素敵」も
合う合わない はあるはずなんです。


インスタのデザインもそうですよね。
オシャレな方のを真似したとしても自分のものにはなりません。


だから、こういうアイテム使えます!とお伝えしたところで
その方に合うものになるかどうかは別問題、ということです。

あなただけの、想いやストーリーを写真に映し出す
ストーリーフォト。
一緒に見つけませんか?


レッスンでお待ちしています。

▲お申し込みはこちら▲

講師:空間ビジュアルデザイナー 村井友起子
プロフィールはこちら