リモートワークで、自分の”前の景色”を整えること

リモートワークで、自分の”前の景色”を整えること

自分の「前の景色」どうなっていますか?


一年前の3月から、夫のリモートワークが始まり
私は元々オンラインで仕事をしていたので、
二人一緒に家で過ごす時間が増えました。

増えた、というより、ほぼ24時間ずっと一緒。


我が家は
戸建て。海の近く暮らし。子供は、小学生男子2人。

いつも
1階の書斎で夫が仕事、
2階のリビングで私が仕事(フリーランス)

をしています。


そんな環境の中でお伝えする
今回のテーマは
「自分の”前の景色”を整えること。」について。

画像2

↑KINFORK(書籍)もお気に入り。隙間時間に読みます。
そしてコーヒーも仕事のお供。


前の景色・・・???
そう、後ろの景色もあるのでそれはまた。


結論から言うと・・・


リモートワークになって変えたこと・行動したこと


それは

1)断捨離(私はお片づけが得意な方じゃないから、
  とにかく減らす、適当に物を買わない)
2)模様替え(新鮮な気持ちになれて、綺麗を保とうとする)
3)植物やお花の力を借りる(それが似合う空間にしようとする)




ということをしてみました。



さて、
あなたの前の景色は何が見えますか?

今私が座っている位置からは・・・
・パソコン
・飲み物
・スマホ
・キッチン
・フロアスタンド



たまに座る位置変えると・・・
・ソファ
・窓
・キャビネット
・お花

つまり、、
私がいつも見ている景色は
パソコンとキッチンです。





あれ???座る位置変えた方がいいんじゃない??


という感じですが、その理由はまた。



Photo by Becca Tapert on Unsplash


「やらねば!」ではなくて、
ワクワクする空間、心地よい空間にすること



あなたが見ている景色は
どこですか?

例えば目の前が、
テーブルの上にお菓子
片付けていない食器
子供の書類
お薬出しっぱなし
テーブル汚い


だとしたら・・・??
仕事スイッチ、入りますか?


入ったらすごいと思います。。。。


私は、キッチンが汚かったら、とにかく気が散ります。


だから
リモートワークでパフォーマンスを発揮するには
目の前の景色を整えることが大事だと思って、
コロナでステイホームになってからは
より一層、気にするようになりました。







前の景色を整えるっていうのは
自分に対する強制ではなく
「ワクワクする空間にすること」



整った空間の中にいると
「その空間に似合う自分になること」


(逆も然り。汚い片付いていない空間にいるということは、
そこに似合う自分になる)
ということを意識して

1)断捨離(私はお片づけが得意な方じゃないから、
  とにかく減らす、適当に物を買わない)
2)模様替え(新鮮な気持ちになれて、綺麗を保とうとする)
3)植物やお花の力を借りる(それが似合う空間にしようとする)


をやってみた!!!



やってみた結果・・

ますますおうち時間が好きになって
「きれい」を保とうと家族が意識する様になった

というわけです。


これがかなり重要で
「無理して綺麗に保つ」と思っていないので、
「掃除しなければ」「片付けなきゃ」よりも

「心地よい部屋にしたい」そして
「散らかった部屋でだらしない生活・仕事をしたくない」
と、自然と思うようになったんですよね。



そして、お花を飾りたいっていうのも思う様になりました。






部屋の乱れは心の乱れ。
大事ですね、部屋を整えるって。





COMMENT ON FACEBOOK