「え!全然違う!」と毎回言われる、zoom背景

「え!全然違う!」と毎回言われる、zoom背景

先日、個別相談にきていただいた、コーチングをされている
さたのまきさん


まきさんは、キッチン、照明プランナーから商社営業職を経て
今お片づけからのコーチングをされています。


さて、個別相談の時にズーム背景の件でお伝えしているのは
いつも白壁だと、それが「フツー」になってしまい、気づかないこと。


それが変わってみた時にはじめて、「あ!!全然見え方が違う!」と気づくし
人からの評価や自分の見え方
そして自分自身のポジションも変わるのです。

去年の私のズーム背景

去年は、とにかく「あまり考えてないなかった」というのが事実です。
つまり、ひたすら白壁を探し、部屋の中が見えないようにしていました。

片付けるの面倒だなー
とか思っていたので。

だけど、バーチャル背景には違和感がありました。


たまに体が消えたり・・・体との境界線がおかしくなったりするし・・・
特に海外インテリアだと、なぜそれにした??と疑問しか残りません。


だって、自分の自宅で(広さは無理だとしても)それを再現すればいいのに
と思うのです。


リアルで会っていた時はどうしていた?

これまで、オフラインで「カフェで会う」「ホテルのラウンジで会う」「レンタルスペースで会う」
という選択肢があったかと思います。


その時は、どういう風にそこを選んでいましたか?




・利便性がいい
・自宅から近い
・おしゃれなエリア
・使いやすいレンタルスペース
・明るい室内
・ゴージャス
・シンプルで素敵
・癒される空間



などなど、、、

自分をどう魅せたいか
ということも考えて選んでいたはずです。

なのにオンラインになった途端に
「めんどくさい」「片付け大変」という理由で

「とりあえず白壁を探せ!」とか「バーチャルにすれば大丈夫!」「ぼかし!!」って
おかしくないですか???

って思い出したわけです。



それなのに、「ズームが増えてからお洋服のテイストが変わった」「メイクも変わった」「ピアスも印象的なものを」
って・・・・(あ、それ全部私です)

いやいやいやいや
あなたの後ろのインテリアも全てひっくるめて、貴方ですから!!(と、去年の私に言いたい)

オンラインで、その空間を自分で作り出さないといけない


オンライン化が進んで、
これまで人任せだった「空間」も、
自分の家で作る必要が出てきました。


もちろん、ホテルのラグジュアリーな感じを出すのは難し位かもしれませんが、不可能ではないのです。
(テイストという意味で)

いつも使っていた素敵なカフェも、作れるのです。



もちろん、今までリアルではそういうところを使っていたけど
今はこういう見せ方をしたいのだ!
と変わっていくことだってあるのです。


リアルとオンラインの最大の違いは
「自分が見えるか見えないか」。



バーチャルに映る自分
白壁に映る自分
なんとなく薄暗い中にいる自分


そんな自分を見ながらお話をする、、、、

「自信を持ってセミナーを開催できました」「お部屋も注目していただけるようになりました」
そんなお声もいただきますが

とにかく「自分に自信を持てるようになる」って、すごい変化だと思います。



私は、色々変えていきましたが、今落ち着いてここにいます。



とはいえ、もちろんずーっと一緒って飽きちゃう。


季節によって変えてみるとか
その時のメンバーで変えてみるとか


そんな楽しみ方もあるかなと思います!




そして、夜のズーム部屋は寝室なので
そこも変化を楽しめるところ。



壁の色を変えるか変えないかでもうすでに、半年が経過しています笑

納得がいくまで、すこーしずつ作り上げていくのも、楽しいかもしれませんね!


プロフィールはこちら
個別相談のお申し込みはこちら

ABOUT THIS AUTHOR

muraiyukiko
オンライン時代は、画面の背景に「わたしらしさ」を託す。

”こんな自分になる”を実現する、
空間ビジュアルブランディング

空間ビジュアルデザイナー
村井友起子
Follow :

COMMENT ON FACEBOOK